足と首を温めるのが温活の基本【他にも取り組んでみよう】

温活習慣

試してみよう

寒がる人

足元と首を温めよう

温活を始める際には血管に注目しましょう。一番太い血管を温めることで、身体全体に温かい血液が循環し、体温が上昇するのです。
太い血管といえばまず首です。頸動脈を温めるには、マフラーなどがありますが最近はスヌードという輪っかになった防寒具も売られています。そのため身体を動かしている人にも邪魔にならないでしょう。
次に、足を温める方法は血管を温めることでもありますが、最も心臓に遠い部分を温めて温度の差を小さくするためです。靴下を履くことで温まりますが、あまり締め付けないようにゆるい靴下を履いた方が良いです。

お風呂の工夫

昔から湯治といって身体を温めるには温泉に入ることが最適な対処法とされてきました。
ここで注意したいのが、熱すぎるお風呂は逆効果であるということです。身体の芯まで温めることが温活では大事なので、ぬるいと感じる程度で良いです。
お風呂で身体を温めると、交感神経の働きよりも副交感神経がよく働くようになるため、血行が良くなります。

湯船に毎日入るのは苦手、そんな人ならフットバスが最適です。フットバスだと足を温めるだけで済みますので、水を多く使わずに経済的。
そして、このフットバスだとお風呂に入りづらい高齢者にも気軽に使ってもらえるので、高齢者の温活対策にもなります。

着るものも変えよう

冷え症になってしまう人は、冷えやすい服を着るのは控えた方が良いです。重ね着をすれば空気の層ができて冷えにくい身体になるのですが、この場合素材にも着目するともっと温かくなります。
例えばインナーにシルク素材などの天然素材を取り入れることです。シルクはウールやコットン、リネンなどの天然素材の中でも、抜群に保湿性に優れているものです。そのため、夏も冬も体温を調節してくれる機能があります。