冷え症の人は要注意!温活をして体温を36.5℃以上にしよう

温活習慣

身体に熱を取り戻す方法

ストレッチ

温活とはなにか知ろう

身体をただ温めるだけでは、温活とはいえません。
最終的にどれくらいの体温になれば温活が成功したといえるのかというと、36.5℃以上です。これはあくまでも最低ラインで、朝起きたときの体温が37℃になった方が理想だといわれています。
37℃だと普通、「微熱があるのでは」というレベルですが、50年前の日本人はこれが平熱だったのです。現代では非常に身体を冷やす場面が多くなってきているため、温活がこれほどまでに叫ばれるようになってしまったのです。
温活は温泉に入ったり、遠赤外線効果のあるヒーターに当たったりすることもあれば、重ね着をするなど自分で簡単にできる方法でもあるので、気軽に始めることが可能です。

実測値を測る

気づかずに身体が冷えていることがありますので、できれば体温を寝起きに毎日測った方が良いです。実測値もたまに測ることで、どれだけの体温になっているのかを知ることができるのでやってみましょう。
低体温の状態になってしまうと、人間の体は様々な症状を発症します。

代謝能力が下がってしまう

体温が35℃の人は低体温だといえます。これは現代では珍しいことではなく、ほとんどの人が低体温に該当するのです。
身体の温度が1℃低くなるごとに免疫機能は30%、代謝が20%程度下がってしまいます。これはどういうことかというと、怪我をしても治りにくく、血液がドロドロの状態になりやすくなることを指します。

実はシミも増えやすくなる

身体の代謝が低下するということは、様々な弊害をもたらします。

例えばシミです。
シミやたるみができる原因は、身体の中からコラーゲンが失われることにあります。コラーゲンが生成されにくい状況であることは、肌が活性化していないという証左です。そのため、角質がそのまま残ってしまい肌がくすんだ状態になってしまうのです。

身体の酵素は38℃の状態で活発に働くので、温活をすれば身体も若返るでしょう。